スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年01月24日

アルツハイマー病の検査を血液1滴で検査、国立長寿医療研究センターなど

アルツハイマー病の検査を血液1滴で検査、国立長寿医療研究センターなど

国立長寿医療研究センターや豊橋技術科学大学などが、血液や尿1滴で成分を検出する技術を開発し、アルツハイマー病の検査も可能になると発表しました。


【 2014年1月23日 アルツハイマー病も血液1滴で検査 】

 愛知県と国立長寿医療研究センター、豊橋技術科学大学などは、1滴の血液や尿に含まれる成分を半導体センサーで簡単、迅速に検出する技術を開発したと発表した。特定の物質に対する免疫反応で生じた微小な電位差を読み取るもので、アルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドβ(ベータ)タンパク質を、従来の方法では数時間かかったのに比べ、約10分で検出することに成功した。1検体当たり100円以下の費用で、糖尿病や感染症などの診断や検査にも利用できることから、2015年度末までに検査キットを実用化させるという。

 新技術は、同センターが開発した「マイクロビーズ」と、同大学が開発した半導体イメージセンサーを組み合わせた。マイクロビーズは、病因物質などの異物に反応する“抗体”を化学処理によって球面に固定した直径0.2〜3マイクロメートル(1マイクロは100万分の1)の磁気微粒子で、センサーの分離膜の上に、例えば血液を1滴たらすと、128×128ピクセルのマス目の1個ずつが、血液中の異物と抗体とが反応して生じる微小な電位の変化を個別に感知する。これを読み出し装置にかけて、全体の電位差を検出する。

 センサーにはマス目が16,384個あり、それぞれ独自に複数の抗原抗体反応を行うので、複数の病気の検査を同時に行うことができる。現在の性能では、0.02ミリリットルの血液で、アルツハイマー病のアミロイドβタンパク質だけでなく、がんや、その他の病原体の各種マーカーなど50項目の同時診断や検査が可能だ。現段階では困難とされるアルツハイマー病の早期予知、生活習慣病や糖尿病などの日常管理への応用を目指すという。

 今回の技術開発は、研究成果の製品化や事業化を目指して、愛知県が進める産学行政連携の「“知の拠点あいち”重点研究プロジェクト」の一つ「超早期診断技術開発プロジェクト」として行われた。

ソース:サイエンスポータル(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0124-0706-22/scienceportal.jp/news/daily/1401/1401231.html

posted by ichitaka at 07:11| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

幹細胞で脊髄損傷治療、札幌医科大学で試験開始

幹細胞で脊髄損傷治療、札幌医科大学で試験開始

札幌医科大学は、脊髄損傷の治療に幹細胞を使用する臨床試験を開始すると発表いました。


脊髄損傷に幹細胞治療 札幌医科大で試験開始
2014.1.10 13:10

 札幌医科大は10日、脊髄損傷患者の骨髄から取り出した幹細胞を培養し、患者の静脈に投与して脊髄の神経細胞を再生させる治療法の実用化を目指し、効果や安全性を確かめる臨床試験(治験)を始めると発表した。10日から被験者の募集を始める。

 発症してから時間が経過していても治療効果が期待でき、患者自身の細胞を使うため拒絶反応の心配が少なく、安全性が高いという。

 チームを率いる山下敏彦教授は「脊髄損傷は事実上、有効な治療法がないが、この方法は多くの患者への効果が期待できる」と話している。

 チームによると、患者の腰の骨から骨髄液を採取し、神経となる「間葉系幹細胞」を分離。約2週間で約1万倍に培養し、約1億個の細胞が入った40ミリリットルの薬剤を静脈に点滴する。

 試験は発症から14日以内で、脊髄のうち主に首の部分を損傷した20歳以上65歳未満の患者が対象。

ソース:産経ニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0112-0024-50/sankei.jp.msn.com/science/news/140110/scn14011013120001-n1.htm?view=pc

posted by ichitaka at 00:40| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

汗臭さだけをブロックする消臭成分発見、花王

汗臭さだけをブロックする消臭成分発見、花王

花王は、汗臭さなどの特定の悪臭のみをブロックする消臭成分を発見しました。


汗臭さだけブロック…花王が消臭成分を発見

 花王は鼻の細胞に作用して、汗臭さなど特定の悪臭だけを感じにくくさせる消臭成分を発見したと発表した。

 これまでの消臭剤は強力な香りで悪臭を覆い隠すか、脱臭成分ですべての臭いを吸い取るものだったが、新技術を使えば、狙った臭いだけを感じなくすることができる。今後研究をさらに進め、5年後をめどに商品化したい考えだ。

 今回発見したのは、汗臭さのもととなるヘキサン酸だけを感じにくくする成分で、3種類の香り成分を調合して作った。

 鼻の奥の粘膜細胞には約400種類の嗅覚センサーがあり、センサーと香り成分が結合すると、脳が臭いを感じる。花王は、5種類の嗅覚センサーがヘキサン酸と結合したときに汗臭さを感じることを突き止め、ヘキサン酸よりもこれらセンサーに付着しやすい香り成分を探しだした。研究員3人が試験したところ、ヘキサン酸による悪臭の強さの感じ方が5分の1以下になったという。

(2014年1月9日07時29分 読売新聞)

ソース:YOMIURI ONLINE(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0109-2254-30/www.yomiuri.co.jp/science/news/20140108-OYT1T00718.htm
posted by ichitaka at 22:57| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。