スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年02月27日

iPS細胞でパーキンソン病治療臨床試験申請、京都大学

iPS細胞でパーキンソン病治療臨床試験申請、京都大学

京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らが、iPS細胞でパーキンソン病を治療する臨床試験を申請するそです。


iPSでパーキンソン病治療へ、京大が臨床申請
読売新聞 2月27日(木)3時6分配信

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病治療の臨床研究に向け、京都大が今年6月にも、再生医療安全性確保法(昨年11月成立)に基づく第三者審査委員会の設置を厚生労働省に申請することがわかった。

 新法に沿った初の臨床研究の手続きで、再生医療のモデルとなる。

 パーキンソン病は、脳の「黒質」と呼ばれる部分で、神経伝達物質のドーパミンを放出する神経細胞が減少することで発症する。手足の震えや歩行障害などの症状が出る。

 京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(52)らの研究グループは、人のiPS細胞からドーパミンを分泌する神経細胞を大量作製することに成功。パーキンソン病のサルの脳に移植する実験で効果を確かめた。

 臨床研究は、同研究所と京大病院が連携して行う。計画では、患者6人の血液細胞からiPS細胞を作り、それぞれ数千万個の神経細胞に変化させ、患者の脳に移植する。移植後の1年間は経過を観察し、安全性を確認する。

 第三者委員会は、再生医療を行う医療機関などに設置が義務づけられた。従来の倫理委員会とは別組織で、再生医療に関する臨床研究の安全性を審査する。

 正式な設置基準は、6月に示される見込みで、新法が施行される今年11月より前に設置できる。

ソース:YAHOOニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0227-2346-10/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000033-yom-sci


 京大によると、手続きが順調に進んだ場合、来年1月ごろから第三者委員会による審査が始まる見通し。これを通過すれば、厚労相の承認を経て、早ければ来年夏には臨床研究に着手できるという。ただ、患者の選定に時間が必要で、細胞の培養などに最短でも9か月はかかるため、移植手術の実施は16年になる見込み。
.
最終更新:2月27日(木)3時6分

posted by ichitaka at 23:51| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

アルツハイマー原因物質蓄積を防ぐアンパク質発見、大阪大学

アルツハイマー原因物質蓄積を防ぐアンパク質発見、大阪大学

大阪大学蛋白質研究所の高木淳一教授らが、アルツハイマーの原因物質が蓄積するのを防ぐタンパク質を発見しました。


アルツハイマー原因物質を掃除…阪大教授ら発見

 アルツハイマー病の原因物質が脳に蓄積されるのを防ぐたんぱく質を発見したと、大阪大蛋白(たんぱく)質研究所の高木淳一教授らのチームが発表した。

 新しい治療薬開発につながる可能性があるという。13日の米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」電子版に掲載された。

 チームは、アルツハイマー病の患者で、「ソーラ」というたんぱく質が、少ないことに着目した。

 病気の原因物質「アミロイドβ」の量を一定にしたマウスに対し、このたんぱく質の量を多くしたものと平均的な量のものとで比較。その結果、たんぱく質の量が3〜4倍多いマウスは、平均的な量のマウスよりアミロイドβの蓄積量が4分の1になったという。

 高木教授は「ソーラはアミロイドβの『掃除屋』となっているようだ。アルツハイマー病の発症リスクを下げる役割を果たしていると考えられる」と話す。

(2014年2月13日 読売新聞)

ソース:ヨミドクター(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0213-2152-34/www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=92938




posted by ichitaka at 21:56| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。