スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年04月24日

頭を冷やして患者の神経を守る装置を発売、大研医器

頭を冷やして患者の神経を守る装置を発売、大研医器

大研医器が、頭を冷やして患者の神経を守る装置「クーデックアイクール」を発売すると発表しました。


頭冷やして患者の神経守る−大研医器、体温調節装置を発売
掲載日 2014年04月24日

 頭を冷やして急患の神経を守ります―。大研医器は3月下旬に承認を取得した体温調節装置「クーデックアイクール=写真」を4月中をめどに発売する。救急医療での心肺停止患者を対象にした低体温療法に使う。脳を冷却して短時間で患者の体温を下げ、神経細胞の死滅を防ぐ。救急医学などの学会と連携し、全国に約260ある救急病院への浸透を図る。

 クーデックアイクールは岡山大学と共同開発。従来の低体温療法の前段階で使うことで治療効果を高める。低体温療法は心肺停止した患者の体温を下げることで神経細胞へのダメージを軽減する。全身の体表を冷却することで体温を下げる方法が一般的だが、脳の冷却に時間がかかるのが課題だった。

 新装置は咽頭部に冷却器を挿入して、心臓と脳をつなぐ動脈を冷やし、その血行を利用して脳を冷却。蘇生後の脳障害軽減につなげる。

ソース:日刊工業新聞(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0424-2057-25/www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140424ccaf.html

posted by ichitaka at 21:01| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

東北大学が活性酸素の強力な消去物質を発見しました

東北大 活性酸素の強力な消去物質を発見
2014年04月23日 PM02:00

不明だった酸化ストレスの軽減、改善メカニズム

 東北大学は4月15日、同大学院医学系研究科 環境保健医学分野の赤池孝章教授らが、活性酸素の強力な消去物質を発見したと発表した。アミノ酸の一種のシステインに過剰にイオウが結合した活性イオウ物質が体内で生成され、さらにその物質が極めて強力な活性酸素の消去能力を発揮することで、生体内で主要な抗酸化物質として機能しているという。

 研究グループはこれまでに、ヒトの細胞や動物実験などにおいて含硫アミノ酸であるシステインの代謝に関わる酵素シスタチオニン ベータ シンターゼ(CBS)とシスタチオニン ガンマ リアーゼ(CSE)が酸化ストレスを低減する作用があることを報告していたが、これらの酵素がどのようなメカニズムで酸化ストレスを軽減、改善するかについては不明だった。

活性酸素を消去、生体内で極めて高い抗酸化活性を発揮

 今回の研究では、CBSやCSEがシステインにイオウが過剰に結合したシステイン・パースルフィドと呼ばれる活性イオウ物質を作り出すことを明かした。マウスを使った解析によって、活性イオウ物質は脳、心臓、肝臓などあらゆる臓器に存在し、また正常のヒト血液中にも豊富に存在することが分かったという。

 そこで研究グループは、活性イオウ物質が活性酸素に対し、どのように作用をするのか解析。その結果、活性酸素を消去することで、生体内で極めて高い抗酸化活性を発揮することを発見。さらに、細胞にCBSやCSEの遺伝子を導入して活性イオウ物質を大量に作らせると、細胞が活性酸素の毒性によって障害を受けず、強い酸化ストレス抵抗性を獲得することが確認されたという。

酸化ストレスに関連する疾病の診断、予防・治療法確立に期待

 活性酸素が体内で過剰に働くと酸化ストレス状態を引き起こし、様々な疾患が発症することが知られている。今回の研究結果は、生体内の活性イオウ物質が体内で活性酸素の働きをコントロールする重要な因子であることを解明したものであり、今後、酸化ストレスに関連する疾病である、感染・炎症、がん、国民病である動脈硬化症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病や、アルツハイマー病など神経難病の新しい診断法、予防・治療法の確立に貢献することが期待されるとしている。(木村彰男)

ソース:QLIFE Pro(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0423-2233-50/www.qlifepro.com/news/20140423/report-clearing-the-reactive-oxygen-species-strong-tohoku-univ-cysteine.html



posted by ichitaka at 22:36| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

精子も35歳から受精能力低下!?

精子も35歳から受精能力低下!?

独協医大越谷病院泌尿器科の岡田弘教授らによれば、精子も35歳から受精能力が低下する可能性があるそうです。


卵子だけでなく精子も35歳から老化…不妊原因
2014年04月17日 16時50分

 精子も年齢を重ねると、最近話題になっている「卵子の老化」と同様に、受精能力が低下する可能性があるという研究を、独協医大越谷病院(埼玉県)泌尿器科の岡田弘教授らのグループがまとめた。

 18日から東京都内で開かれる日本産科婦人科学会で発表する。

 岡田教授らは、男性不妊外来を受診した男性のうち、明らかに精子の形態や運動能力に異常が見つからない80人分の精子を採取。精子の能力を調べるために、マウスの卵子に顕微授精させて、分裂を促す活性化能力があるかどうかを調べた。

 その結果、35歳未満の男性の精子では約7割に活性化能力があったが、35〜39歳では62%、40〜44歳では52%、45〜49歳では39%と、35歳を境に低下した。

ソース:YOMIURI ONLINE(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0417-2056-37/www.yomiuri.co.jp/science/20140417-OYT1T50098.html?from=tw


posted by ichitaka at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。