スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年05月29日

トヨタ自動車がリハビリ用歩行支援ロボットを開発

トヨタ自動車がリハビリ用歩行支援ロボットを開発

トヨタ自動車は、脚が不自由な人のリハビリ用歩行支援ロボットを開発したと発表しました。


リハビリ用歩行支援ロボ トヨタ開発

20医療機関で臨床

 トヨタ自動車は28日、脚が不自由な人のリハビリを助ける歩行支援ロボットを開発したと発表した。

 脚に装着して利用するもので今秋から20の医療機関に有償で提供する。臨床研究を踏まえ、早期実用化を目指す。

 歩行支援ロボは、荷重センサーで脚にかかる力の強さを測りながら、脚を前方に振り出したり、ひざを伸ばして体を支えたりする動きを助けるものだ。回復度合いに応じてロボットが補助する力を自動で調整するほか、関節の角度などからうまく歩けているかを音や映像で知らせ、効率的に歩き方が練習できるという。

 トヨタは2007年末から藤田保健衛生大(愛知県豊明市)と共同で、介護・医療支援向けのロボット開発を進めてきた。今回、体の重心を前後左右に移動させる練習ができるバランス練習用のロボットも開発しており、今後、体の不自由な人をベッドからトイレなどに運べる介護ロボットなども実用化する方針だ。

(2014年5月29日 読売新聞)

ソース:ヨミドクター(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0529-2316-48/www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=99097

posted by ichitaka at 23:20| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

精神疾患の病名変更、「障害」の多くを「症」へ

精神疾患の病名変更、「障害」の多くを「症」へ

日本精神神経学会は、病名の「障害」お多くを「症」へ変更すると発表しました。


「障害」つく子どもの病名、多くを「症」に変更

 読み書きが困難な子どもの「学習障害」は「学習症」に――。日本精神神経学会は28日、精神疾患の病名を変更すると発表した。

 分かりやすい言葉を使うとともに、患者の不快感を減らすのが狙い。

 米国精神医学会が作る精神疾患の診断基準「DSM※」が昨年5月に改定されたのを機に、関連学会で病名や用語の和訳を検討してきた。

 「障害」が付く子どもの病名の多くを「症」に変えた。親子がショックを受けたり、症状が改善しないと思われたりすることに配慮した。

 対人関係などに問題が生じるアスペルガー障害や、自閉性障害は、「自閉スペクトラム症」に統一。衝動的に行動しがちな「注意欠如・多動性障害」は「注意欠如・多動症」にする。

 大人に多い病気で、障害を症に変更した病名もある。動悸どうきや身震いなどの発作を繰り返す「パニック障害」は「パニック症」に。体の性と自ら感じる性が一致しない「性同一性障害」は、より分かりやすい「性別違和」に変える。

2014年05月28日 21時41分

ソース:YOMIURI ONLINE(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0528-2245-23/www.yomiuri.co.jp/science/20140528-OYT1T50126.html

posted by ichitaka at 22:55| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

2型糖尿病の食事療法は、「朝昼だけ」が最も効果的!?

2型糖尿病の食事療法は、「朝昼だけ」が最も効果的!?

チェコ・臨床実験医学研究所の研究者であるハナ・カフロバ氏が、2型糖尿病の食事療法は、朝食と昼食だけを摂る方が効果的である可能性があると発表しました。


2型糖尿病の食事療法、「朝昼だけ」が最も効果的か 研究
2014年05月21日 10:38 発信地:プラハ/チェコ

【5月21日 AFP】2型糖尿病患者の食事療法についてはこれまで、1日分を最大で6回に分けて少量ずつ取ることが推奨されてきたが、このほど発表された研究結果によると、朝食と昼食の2回をたっぷりと食べる方がより効果的である可能性があるという。研究論文は欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌「ダイアビトロジア(Diabetologia)」に掲載された。

チェコ・臨床実験医学研究所(IKEM)の研究者、ハナ・カフロバ(Hana Kahleova)氏は20日、AFPの取材に「今回の研究では、1日当たりのカロリー摂取量はほぼ同じで、食事を1日5〜6回に分けて少量ずつ取る方法と、朝食と昼食の2回だけを取る方法について、それぞれの有効性を比較した」と語った。

今回の研究は、インスリンの分泌不全とインスリン抵抗性に起因する2型糖尿病および肥満症の患者で、年齢が30〜70歳の男女54人の被験者を対象に行われた。

カフロバ氏によると、研究開始後3か月弱で、1日に2回たっぷりの食事を取ったグループは、従来の方式に従ったグループに比べて、体重の減少量が平均1.4キロ多かったという。

空腹時の糖、インスリン、グルカゴンの各値の減少率も、朝と昼に食事をした患者グループの方が高く、さらにはインスリンの感受性も向上した

だが既にインスリン治療を行っている場合、その投与量を大幅に調整する必要があるため、「この食事療法を医師の診断なしで開始してはならない」とカフロバ氏は注意を呼びかけた。

また今回の研究結果を検証するためには、さらに広範囲の研究を行う必要があると同氏は付け加えている。

さらにカフロバ氏は「今回の研究結果だけに基づいて、一般的なアドバイスを導き出すことは不可能だ」とAFPの取材に述べている。(c)AFP

ソース:AFP BBNews(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0521-2308-40/www.afpbb.com/articles/-/3015460

posted by ichitaka at 23:14| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。