スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年07月22日

統合失調症発症に関わる遺伝子領域確認、国際研究チーム

統合失調症発症に関わる遺伝子領域確認、国際研究チーム

米ハーバード大学、英ケンブリッジ大学と藤田保健衛生大学などの国際研究チームが、統合失調症の発症に関わる遺伝子領域を新たに83箇所特定しました。


統合失調症の治療に道開く 108の遺伝子領域確認
鈴木彩子 2014年7月22日13時08分

 精神疾患である統合失調症の発症に関わる遺伝子を含む領域を、米ハーバード大と英ケンブリッジ大、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)などの国際研究チームが新たに83カ所特定した。原因の解明と治療薬の開発に道を開く成果だとしている。22日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 チームでは、アジアや欧米などの統合失調症の患者約3万7千人と、患者ではない約11万3千人の遺伝子情報を比べて解析。精神疾患の研究では過去最大規模の人数を対象とした。発症に関わる遺伝子領域の特定数を増やし、すでに特定済みのものも合わせ、今回108カ所を確認した。

 統合失調症への対処には現在、脳内の神経伝達物質の働きを抑える抗精神病薬などが使われている。だが、原因が未解明のため根本的な治療法はまだない。発症には複数の遺伝子が関わると考えられ、特定の研究が世界で続いている。

ソース:朝日新聞デジタル(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0722-2051-18/www.asahi.com/articles/ASG7N674GG7NOIPE01Z.html




posted by ichitaka at 20:56| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

印刷会社の胆管がん原因物質認定、国際がん研究機関

印刷会社の胆管がん原因物質認定、国際がん研究機関

印刷会社の従業員が相次いで胆管がんを発症した件で、国際がん研究期間が原因物質を認定しました。


胆管がん原因?物質の発がん性を認定 国際がん研究機関
2014年7月12日19時16分

 大阪市の印刷会社の従業員らに胆管がんの患者が相次いだ問題で、世界保健機関の国際がん研究機関(IARC)は12日までに、印刷機の洗浄用に利用され、原因物質と推定されている化学物質「1、2ジクロロプロパン」を「発がん性がある」(グループ1)と認定した。五つの分類で確実度が最も高い。危険性が世界的に認められ、規制などの対策が進みそうだ。

 IARCはこれまで、1、2ジクロロプロパンについて発がん性物質かどうか分類できない「グループ3」にしていた。専門家らは今回、日本での発症例などを検討し、科学的な根拠は十分と判断した。

 また、やはり原因物質と疑われている「ジクロロメタン」は、これまでの「グループ2B」(発がん性をもつ可能性がある)から「2A」(おそらく発がん性がある)に引き上げた。

 この問題をめぐっては、大阪市の「SANYO(サンヨー)―CYP(シーワィピー)」など全国の印刷職場で従業員らに胆管がんが続出。印刷機の洗浄剤に含まれる化学物質に高濃度でさらされたのが原因として、これまでに32人が労災と認定されている。

ソース:朝日新聞デジタル(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0713-0824-31/www.asahi.com/articles/ASG7D5K1YG7DULBJ00C.html


タグ:胆管がん
posted by ichitaka at 08:28| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

加齢は遺伝子変異を促進し個別化医療を困難にする、米国バージニア工科大学

加齢は遺伝子変異を促進し個別化医療を困難にする、米国バージニア工科大学

加齢によってゲノムの突然変異が増加し、個人差が極めて大きくなり個別化医療を困難にすることを、米国バージニア工科大学が発表しました。


加齢はゲノムの変化を促進し個別化医療を困難にする
2014.7.8 , EurekAlert より

 個別化医療のために個人ごとのゲノム解析は、従来考えられていたように単純な仕事とはいえないようだ。加齢によって自発的な突然変異が増加し、個人差が極めて大きくなるようだ、という米国バージニア工科大学からの研究報告。

 個別化医療とは、個人ごとの遺伝子に基づいて将来起こりうる疾病リスクを予想し最適な医療を施すという考え方だが、加齢による変異が増えると、ゲノム解析の頻度を増やさなければならなくなる。

 「がん化によって突然変異が増加することは知られていたが、本研究は、正常な組織においても定常的に突然変異が蓄積していくことを示唆している」と主任研究者のハロルド・ガーナー教授は語っている。「医療に必要になるゲノム情報はきわめて莫大な量になるだろう。従来考えていたほど単純ではない。

 細胞のDNAは、種々の環境ストレッサーによって変異する。13,000にも及ぶこれらの変異は、糖尿病、腎臓病、がん、リューマチ、アルツハイマー病などのリスクを高める。

 この研究は、個人が各々の環境因子にいかに耐性をもつか、人によって加齢の速度に違いがみられるのはなぜかを理解するのに役立つものだという。

 「我々は、我々の遺伝子のある部分は、他の部分に比べて加齢速度が100倍速いことを確認した」とガーナー教授は語っている。「以前はジャンクDNAと考えられていたマイクロサテライトは、多くの疾患に関連していることがわかっている。それらはより早い速度で変異するので、加齢による遺伝子のダイナミックな変異を解明する上で重要である。

 研究チームは、最新のゲノム解析技術を用いて、3個人の異なる年代(9-16年差)の検体を解析した。そのうちの1人では他の2人に比べて変異速度がほぼ10倍あり、それに伴って多くの潜在的疾患リスクも高まっていたという。

 「我々は遺伝子変異の速度は個人によってかなり異なり、また1人の遺伝しないでも部位によって異なることを発見した」と筆頭研究者のジャスミン・ババルバは語っている。「ゲノムのダイナミクスを理解することが個別化医療が比較的進化をとげるためのキーステップとなるだろう。

ソース:リンク・デ・ダイエット(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0709-2219-41/www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=45153&-lay=lay&-Find

バイオゲノム Bio Genom ダイエットサプリ ダ...

バイオゲノム Bio Genom ダイエットサプリ ダ...
価格:3,218円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 22:27| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。