スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2010年11月08日

皮膚細胞からiPS細胞を経ずヒト造血幹細胞を直接作成:カナダ・マクマスター大学

皮膚細胞からiPS細胞を経ずヒト造血幹細胞を直接作成:カナダ・マクマスター大学

画期的な方法ですが、臨床応用には役立つかもしれませんが、遺伝子導入にウイルスを使うため腫瘍化が危惧されるようです。


ヒト造血幹細胞:iPS経ず皮膚細胞から作成

 人間の皮膚の細胞に特定の遺伝子を導入し、血液のもととなる造血幹細胞を作成することに成功したと、カナダ・マクマスター大の研究チームが、7日付英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 分化した体細胞をもとに別の種類の体細胞を作るには、新型万能細胞の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成し、それを分化させる方法があるが、今回はiPS細胞を経ずに直接作った。こうした方法では、神経細胞や心筋細胞などの作成例の報告がある。

 研究チームは、遺伝子の“運び屋”にレンチウイルスを使い、皮膚の線維芽(せんいが)細胞に「Oct4」という遺伝子を導入。サイトカインと呼ばれるたんぱく質を加え、造血幹細胞を作成、赤血球などの細胞に分化させることができた。

 万能細胞に詳しい国立成育医療研究センターの阿久津英憲室長は「臨床応用に役立ちそうだが、まだ遺伝子の導入にウイルスを使っているため腫瘍(しゅよう)化が危惧(きぐ)される」と話している。

ソース:毎日jp
http://mainichi.jp/select/science/news/20101108k0000m040127000c.html?inb=ra





posted by ichitaka at 09:49| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。