スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2011年02月07日

飲酒量増加で心房細動のリスクが高くなる、筑波大学

飲酒量増加で心房細動のリスクが高くなる、筑波大学

筑波大学の研究グループによると、飲酒の量が増えるほど心房細動になる可能性が高まることが判明したそうです。


飲酒で心房細動のリスク高まる

 飲酒の量が増えるほど脳卒中などの原因となる不整脈が起きる可能性が高まることが筑波大学の研究グループの解析で明らかになりました。
 解析を行なったのは筑波大学水戸地域医療教育センターで肥満などの生活習慣病を研究している曽根博仁教授の研究グループです。
 グループでは血の塊ができることで脳卒中などの原因となる不整脈の一種、「心房細動」と飲酒の量との関係を調べた過去14本の論文、およそ13万人分のデータを解析しました。
 その結果、飲酒の量が増えるにしたがって心房細動になる可能性が高まることがわかったということです。
 具体的には1日あたりの飲酒の量が日本酒で70ミリリットル相当分増えるごとに心房細動になる可能性が8パーセント高まっていたということです。
 曽根博仁教授は「心筋こうそくなどには適量の飲酒が良いとされるが、心房細動についてはリスクが高まることがわかった。その点に気をつけ飲み過ぎないことが大切です」と話しています。
02月07日 10時22分

ソース:NHKオンライン
http://www.nhk.or.jp/lnews/mito/1073875121.html


posted by ichitaka at 14:03| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。