スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2011年02月23日

点滴薬ラピアクタの耐性インフルエンザウイルスを初めて検出

点滴薬ラピアクタの耐性インフルエンザウイルスを初めて検出

今後、この耐性ウイルスが増加するかどうか慎重に見守るべきですね。
使い過ぎれば耐性ウイルスが増加することになると思われます。


耐性ウイルス:インフル点滴薬ラピアクタで 国内初

 昨年1月に販売が始まったインフルエンザ治療用の点滴薬ラピアクタ(成分名ペラミビル)を使った患者から、薬が効きにくい耐性の新型インフルエンザウイルスが検出されたことが22日、分かった。ラピアクタの使用による耐性ウイルス検出は国内初とみられる。

 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの小田切孝人室長は「今回は1例だけで心配することではない。今後はラピアクタに対する耐性ウイルスが出現する頻度を注意深く見ていく必要がある」と話している。

 同研究所によると、1月に5歳の幼稚園児から検出された。園児は高熱と肺炎で入院、当初は抗生物質で治療したが呼吸状態が悪化し、インフルエンザ迅速診断キットで陽性と出たためラピアクタを投与。症状は改善し退院した。ワクチンは未接種だった。

 検出されたウイルスを調べると、薬に耐性を示す遺伝子変異が見つかった。ラピアクタのほか、別の治療薬タミフルも効きにくいと判明。リレンザとイナビルは効果があった。

 インフルエンザ患者に治療薬を使うと一定の割合で耐性ウイルスが出現するが、通常は感染力が弱いとされる。だが季節性インフルエンザのAソ連型では、タミフルに対して耐性を示す遺伝子変異があるウイルスが世界中に広がった。
毎日新聞 2011年2月22日 12時40分

ソース:毎日jp
http://mainichi.jp/select/science/news/20110222k0000e040051000c.html




posted by ichitaka at 13:00| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。