スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2011年04月26日

全国的に増加傾向にある原因不明に食中毒は、ヒラメと馬刺しの寄生虫が原因!?

全国的に増加傾向にある原因不明に食中毒は、ヒラメと馬刺しの寄生虫が原因!?

2009年頃から増加している原因不明の食中毒は、ヒラメと馬刺しの寄生虫が原因の可能性が高いようです。
厚生労働省の発表によれば、ヒラメの寄生虫は「クドア」、馬刺しは動物寄生虫です。
どちらも48時間以上冷凍すれば死滅するそうです。


原因不明の食中毒、ヒラメと馬刺し原因か 寄生虫特定
2011年4月25日23時54分

 原因不明の食中毒が全国的に増えており、25日に開かれた厚生労働省の審議会で、ヒラメや馬肉についている寄生虫が原因の可能性が高いことが報告された。どちらも吐き気や下痢を引き起こすが、数日で症状は治まるという。

 ヒラメによる食中毒の原因と疑われるのは、クドアと呼ばれる寄生虫の一種「セプテンプンクタータ」。クドアの存在は知られていたが、食中毒を起こす種類が確認されたのは初めて。馬刺しについては、馬や犬に宿る寄生虫の可能性があるという。

 厚労省によると、クドアはマイナス15〜20度で4時間以上、馬刺しの寄生虫はマイナス20度で48時間以上、それぞれ冷凍すれば死滅するという。

 原因不明の食中毒は2009年6月から今年3月までに198件が報告され、このうちヒラメが135件、馬刺しが33件含まれていた。(北林晃治)

ソース:asahi.com(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2011-0426-1240-07/www.asahi.com/national/update/0425/TKY201104250482.html



posted by ichitaka at 13:00| Comment(0) | 食中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。