スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2012年01月21日

iPS細胞から血小板を作る臨床試験へ、東京大・京都大

iPS細胞から血小板を作る臨床試験へ、東京大・京都大

東京大学と京都大学の研究チームが、iPS細胞から血小板を作って止血剤として使う臨床試験を計画しています。


iPS細胞から血小板、臨床試験へ 東大・京大チーム
2012年1月20日23時39分

 東京大と京都大のチームが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から血小板と呼ばれる血液成分を作り、止血剤として使う臨床試験(治験)を米国で計画している。2015年に米当局への申請を目指す。iPS細胞の究極的な目標である組織や臓器の再生ではないが、別の形の先進的な臨床応用例となる。

 血液を固める働きがある血小板を利用した血小板製剤は、血液の病気の治療や心臓の手術などに欠かせない。しかし献血液から作るためにウイルス混入の恐れがあり、採血から4日間しか保存できないなどの課題がある。

 だが皮膚細胞などから作ったiPS細胞を変化させて血小板にする方法では、事前にウイルスのチェックができるうえ、血小板になる手前で止めた細胞は長期間の凍結保存ができる。

ソース:asahi.com(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2012-0120-2359-39/www.asahi.com/science/update/0120/TKY201201200674.html

【送料無料】iPS細...

【送料無料】iPS細...
価格:1,575円(税込、送料別)



posted by ichitaka at 00:13| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。