スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2012年03月18日

薬が効かない慢性痛に関与するタンパク質を発見、京都大学

薬が効かない慢性痛に関与するタンパク質を発見、京都大学

京都大学の中川貴之准教授らが、薬が効かない慢性痛に関与するタンパク質を発見しました。


薬が効かない慢性痛、関与のたんぱく質発見 京大
2012年3月18日4時6分

 鎮痛薬がほとんど効かない慢性の痛みに関わるたんぱく質を、京都大のグループが突き止めた。これを手がかりに、新しい痛み止めを開発できる可能性がある。16日、発表した。

 がんなどの病気や、けがに伴って神経に異常が起きた場合、アスピリンやモルヒネといった通常の鎮痛剤がほとんど効かず、けがが治っても痛みが長期間続くことがある。

 京大の中川貴之准教授(薬理学)らは、神経が障害を受けたときに働く免疫細胞に注目し、この細胞にたくさんあるたんぱく質「TRPM2」をもたないマウスをつくった。

 すると、このマウスは通常の痛みにはほかのマウスと同様に反応したが、神経に異常があるときに起きる痛みには平気だった。

ソース:朝日新聞デジタル(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2012-0318-2058-49/www.asahi.com/science/update/0317/OSK201203160236.html



posted by ichitaka at 21:02| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。