スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2013年03月20日

iPS細胞で膵頭作製に成功、糖尿病マウスの血糖値が正常化

iPS細胞で膵頭作製に成功、糖尿病マウスの血糖値が正常化

東京大分子細胞生物学研究所の宮島篤教授、渡辺亜美研究員のチームが、iPS細胞から膵頭を効率よく作製し、糖尿病マウスの血糖値を正常化することに成功しました。


iPS細胞から膵臓組織「膵島」/糖尿病マウスで機能確認
2013/03/17 17:30

 体のさまざまな細胞や組織に成長させられる人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、血糖値を調節する膵臓の組織「膵島」を効率よく作ることに、東京大分子細胞生物学研究所の宮島篤教授、渡辺亜美研究員のチームが17日までに成功した。

 血糖値を下げるホルモン「インスリン」を作れない1型糖尿病を発症させたマウスの腎臓の皮膜の下に移植すると、血糖値が正常な値に下がって保たれ、生体で十分に働くことが確認できた。22日に日本再生医療学会(横浜市)で発表する。

 今後はiPS細胞から安価で大量に膵島を作る技術を開発し、糖尿病患者への移植治療に利用したい考え。

ソース:Shikoku News(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2013-0320-1937-03/www.shikoku-np.co.jp/national/medical_health/20130317000324

ニチレイ カロリーナビ 21食セット...

ニチレイ カロリーナビ 21食セット...
価格:17,000円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 19:42| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。