スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2013年10月17日

iPS細胞を経ずに軟骨細胞作製、京都大学チーム

iPS細胞を経ずに軟骨細胞作製、京都大学チーム

京都大iPS細胞研究所の妻木範行教授らのチームが、iPSを経ずに皮膚細胞から直接軟骨細胞を作製することに成功しました。


ヒトの皮膚から軟骨細胞 iPS経ず直接作製に成功 京大チーム
2013.10.17 10:16

 ヒトの皮膚細胞から、軟骨細胞の特徴を持つ細胞を作製することに京都大iPS細胞研究所の妻木範行教授らのチームが成功、米オンライン科学誌プロスワンに17日発表した。さまざまな組織や細胞になる能力がある人工多能性幹細胞(iPS細胞)は皮膚などの細胞から作る。今回はiPS細胞を経ず皮膚の細胞に遺伝子を導入、別の細胞を直接作製する「ダイレクト・リプログラミング」という手法。作製期間が短く、病気やけがで変性した軟骨治療に役立つと期待される。

 チームは、iPS細胞作製に必要な「c−MYC」「KLF4」と、軟骨細胞に分化するのに必要な「SOX9」の三つの遺伝子をウイルスを使って新生児の皮膚細胞に導入。2週間以内に軟骨細胞の特徴を持つ細胞ができた。マウスの体内にこの細胞を移植すると軟骨組織が形成され、腫瘍は見られなかった。

 移植に必要なだけの細胞を作るのにかかるのは約2カ月で、iPS細胞を経た場合のほぼ半分という。

ソース:産経ニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2013-1017-2217-08/sankei.jp.msn.com/science/news/131017/scn13101710180000-n1.htm

【送料無料】山中伸弥先生に、人生とiPS...

【送料無料】山中伸弥先生に、人生とiPS...
価格:1,260円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 22:21| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。