スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年07月13日

印刷会社の胆管がん原因物質認定、国際がん研究機関

印刷会社の胆管がん原因物質認定、国際がん研究機関

印刷会社の従業員が相次いで胆管がんを発症した件で、国際がん研究期間が原因物質を認定しました。


胆管がん原因?物質の発がん性を認定 国際がん研究機関
2014年7月12日19時16分

 大阪市の印刷会社の従業員らに胆管がんの患者が相次いだ問題で、世界保健機関の国際がん研究機関(IARC)は12日までに、印刷機の洗浄用に利用され、原因物質と推定されている化学物質「1、2ジクロロプロパン」を「発がん性がある」(グループ1)と認定した。五つの分類で確実度が最も高い。危険性が世界的に認められ、規制などの対策が進みそうだ。

 IARCはこれまで、1、2ジクロロプロパンについて発がん性物質かどうか分類できない「グループ3」にしていた。専門家らは今回、日本での発症例などを検討し、科学的な根拠は十分と判断した。

 また、やはり原因物質と疑われている「ジクロロメタン」は、これまでの「グループ2B」(発がん性をもつ可能性がある)から「2A」(おそらく発がん性がある)に引き上げた。

 この問題をめぐっては、大阪市の「SANYO(サンヨー)―CYP(シーワィピー)」など全国の印刷職場で従業員らに胆管がんが続出。印刷機の洗浄剤に含まれる化学物質に高濃度でさらされたのが原因として、これまでに32人が労災と認定されている。

ソース:朝日新聞デジタル(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0713-0824-31/www.asahi.com/articles/ASG7D5K1YG7DULBJ00C.html


タグ:胆管がん
posted by ichitaka at 08:28| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。