スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2015年02月12日

がん細胞の転移を抑える遺伝子機能を新発見、名古屋市大

がん細胞の転移を抑える遺伝子機能を新発見、名古屋市大

名古屋市立大学大学院の今川正良教授らの研究グループが、がん細胞の転移を抑える遺伝子の機能を新発見したことは発表しました。


がん転移抑える機能発見=脂肪細胞形成の遺伝子―名古屋市立大
時事通信 2月12日(木)4時21分配信

 がん細胞の転移を抑える遺伝子の機能を新たに発見したと、名古屋市立大大学院の今川正良教授らの研究グループが12日、米科学誌プロスワンに発表した。がん治療の重要な課題とされる転移の仕組み解明や、新たな治療薬の開発につながる可能性がある。
 研究グループは、脂肪細胞や肺を作る遺伝子で、細胞の移動などにも関わる「fad104」に注目。がん細胞は転移する際、血管などを通じて体内を移動するが、がん細胞にfad104の働きを弱める処理をした場合、血管内に入り込みやすくなることが分かった。
 一方、fad104の働きを強めたがん細胞をマウスの尾の静脈に注射したところ、手を加えないがん細胞を注射したマウスに比べ、肺への転移が少なくなった。 
 今川教授は「(fad104は)転移に関わるとして研究されてきた遺伝子とは全く異なる。これまでと違った観点から治療薬ができると期待している」と話した。

ソース:YAHOOニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2015-0212-2055-15/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000014-jij-sctch


posted by ichitaka at 20:59| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。