スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2015年02月12日

がん細胞の転移を抑える遺伝子機能を新発見、名古屋市大

がん細胞の転移を抑える遺伝子機能を新発見、名古屋市大

名古屋市立大学大学院の今川正良教授らの研究グループが、がん細胞の転移を抑える遺伝子の機能を新発見したことは発表しました。


がん転移抑える機能発見=脂肪細胞形成の遺伝子―名古屋市立大
時事通信 2月12日(木)4時21分配信

 がん細胞の転移を抑える遺伝子の機能を新たに発見したと、名古屋市立大大学院の今川正良教授らの研究グループが12日、米科学誌プロスワンに発表した。がん治療の重要な課題とされる転移の仕組み解明や、新たな治療薬の開発につながる可能性がある。
 研究グループは、脂肪細胞や肺を作る遺伝子で、細胞の移動などにも関わる「fad104」に注目。がん細胞は転移する際、血管などを通じて体内を移動するが、がん細胞にfad104の働きを弱める処理をした場合、血管内に入り込みやすくなることが分かった。
 一方、fad104の働きを強めたがん細胞をマウスの尾の静脈に注射したところ、手を加えないがん細胞を注射したマウスに比べ、肺への転移が少なくなった。 
 今川教授は「(fad104は)転移に関わるとして研究されてきた遺伝子とは全く異なる。これまでと違った観点から治療薬ができると期待している」と話した。

ソース:YAHOOニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2015-0212-2055-15/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000014-jij-sctch


posted by ichitaka at 20:59| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

体への負担少なく消化器がんのリンパ節転移を完全消去する新治療法を開発、岡山大学

岡山大、体の負担少なく消化器がんのリンパ節転移を完全消去する新治療法
[2015/02/02]

岡山大学(岡山大)は2月2日、患者の体に対しより少ない負担で、消化器がんのリンパ節転移を完全に消去する治療法を開発したと発表した。

同成果は同大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学分野の藤原俊義 教授、岸本浩行 助教、菊池寛次 医師らの研究グループによるもので、1月20日に米科学誌「Molecular Therapy」(Nature Publishing Group)電子版で公開された。

胃がんや大腸がんなどの消化器がんは、早期で粘膜内に留まっていれば開腹することなく内視鏡切除によって根治が望めるが、粘膜下層まで浸潤していると10-20%の確率でリンパ節転移が認められることがあるため、その診断・治療のために臓器とリンパ節を切除することが勧められる。しかし、約80%の患者はリンパ節転移が見られず、結果的に手術の必要がなかったことになる。

同研究グループは、抗がんウイルス製剤「テロメライシン」をがんの下の粘膜下層に注入することで、リンパ節の微小転移を消去できることをマウスに移植した大腸がんのモデルで証明することに成功した。実験で投与された「テロメライシン」はリンパ流に乗ってリンパ節に到達し、がん細胞を選択的に殺傷したという。

ソース:マイナビニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2015-0202-2157-48/news.mynavi.jp/news/2015/02/02/231/

【送料無料】 明るいがん治療 2 身体に優...

【送料無料】 明るいがん治療 2 身体に優...
価格:1,620円(税込、送料込)




posted by ichitaka at 22:04| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

がんの原因は、遺伝でも環境でもなく「不運」が大変である!?

がんの原因は、遺伝でも環境でもなく「不運」が大変である!?

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが、がんの原因は「遺伝」や「環境」ではなく、「不運」が大半であるとの論文を発表しました。


がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究
2015年01月02日 12:29 発信地:マイアミ/米国

【1月2日 AFP】がんは、家族歴や環境的要因ではなく、細胞分裂時に起きるランダムな変異の「不運」に見舞われることによって発生する場合が多くを占めるとの研究論文が、2日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが主導した今回の研究は、さまざまなヒト組織に発生する多様ながんを含めた統計モデルに基づくものだ。

ただし、女性で最も患者数の多いがんの乳がんと、男性で皮膚がんに次いで最も患者数の多いがんの前立腺がんは、今回のモデルには含まれていない。

研究チームが評価対象とした成人がんのうちの約3分の2は、腫瘍の成長を促す遺伝子で起きるランダムな変異で原因を説明できる一方、残りの3分の1は、環境的要因や親から受け継いだ遺伝子に起因するものだった。

論文執筆者のジョンズ・ホプキンス大医学部のバート・ボーゲルスタイン(Bert Vogelstein)教授(腫瘍学)は「今回の研究結果が示していることは、喫煙や他の好ましくない生活要因によってがんになるリスクがさらに増す恐れがあることだ」としながら、「だが多くの種類のがんは、生活要因や遺伝要因の有無に関係なく、がん促進遺伝子に変異が起きるという不運に主に起因している」と続けた。

長年にわたって喫煙していたり、日光を大量に浴びていたりしているにもかかわらず、がんにならずに長生きしている人々は「優れた遺伝子」を持っているわけではなく、「その大半は、ただ運が良いだけというのが実際のところだ」と同氏は説明した。

■幹細胞の分裂

がんを新たな観点から考察することを目指した研究チームは、一生の間に人間の幹細胞が平均でどれだけ分裂するかを調べるため、関連する科学文献を調査した。

この自己再生プロセスは体内で自然発生し、特定の臓器で次々に死んでいく細胞を補う助けになる。だが、変異として知られるランダムな誤りが幹細胞で生じると、がんが発生する場合があることは長年、研究で明らかになっていた。

今回の研究では、このプロセスに起因するがんがどの程度の頻度で発生するかを、家族歴や環境的要因と比較対照する試みを初めて実施。その結果、研究の対象とした31の組織で発生する約22種のがんは、ランダムな変異に原因をさかのぼることができることが判明した。

その他の9種をめぐっては「変異の『不運』で予測されるよりも発生率が高く、変異の不運と環境的または遺伝的な要因との相乗効果に起因するものと思われる」と同大は指摘している。

この9種には、遺伝性のがんとして知られている一部のがんに加え、喫煙や日光にさらされることに影響される肺がんと皮膚がんが含まれている。

この研究結果が意味することは、がんの早期発見とがんの拡散につながる有害な偶然事象を事前に検出するための研究に、さらに重点的に取り組む必要があるということだ。

ジョンズホプキンス大の医学部とブルームバーグ公衆衛生学部(Bloomberg School of Public Health)に所属する生物数学者、クリスチャン・トマセッティ(Cristian Tomasetti)助教は「生活様式や生活習慣を変えることは、ある種のがんを回避するのに大きな助けになるが、その他の多種多様ながんに対しては、これは同様に有効とはいえないかもしれない」と話す。

その種のがんを早期に、治癒可能な段階で発見する方法の探究に対して、さらに多くの資源を投入するべきだ

論文の執筆者らによると、乳がんと前立腺がんが今回の研究対象から除外された理由は、人体のこれらの領域で起きる幹細胞分裂の速度に関して、信頼性のあるデータが科学文献に示されていなかったためだという。(c)AFP

ソース:AFP BB News(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2015-0106-2117-32/www.afpbb.com/articles/-/3035527?pid=0
posted by ichitaka at 21:22| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。