スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年08月29日

梅酢が不妊治療に効果、和歌山県立医大など研究

梅酢が不妊治療に効果、和歌山県立医大など研究

和歌山県立医大などの研究グループが、梅酢が不妊治療に効果があるとする研究結果を発表しました。


梅酢が不妊に効果 医大など研究
14年08月29日 19時00分[社会]

 梅の成分が不妊治療に効果があるとする研究成果を、県立医科大学などの研究グループが28日、発表した。脱塩濃縮した梅酢を不妊症の女性に毎日飲んでもらったところ、卵子の質の改善に効果がみられ、受精、妊娠にも高い確率で成功。梅の「3、4―DHBA」という成分が質改善に寄与している可能性があることを突き止めた。

 医大で会見した産婦人科「うつのみやレディースクリニック」(和歌山市)の宇都宮智子院長らによると、不妊や流産は加齢による「卵子の老化」が大きな要因の一つ。体の酸化と同様に卵子も酸化して質が低下するといい、梅の抗酸化作用に着目して研究は進められた。

 宇都宮院長は、難治性の不妊症の女性患者18例(平均年齢39・2歳)に、女性ホルモンなどの原料になるホルモン「DHEA」を2カ月間投与し、約4割の7例で妊娠に成功。妊娠に至らなかった患者のうち、同意の得られた9例にDHEAと梅酢を2カ月間飲んでもらったところ、5割超の5例で妊娠に成功した。

 さらに別の不妊症患者10例(同35・6歳)にDHEAを使わず梅酢のみを飲んでもらったところ、6例で妊娠、4例で出産に成功した。

 DHEAと梅酢を飲んだ患者と、飲んでいない患者の卵子を比較すると、明らかに飲んだ患者の卵子の方が色や形が良かったという。

 このことを受け、医大などで梅の有効成分を追究。3、4―DHBAが、卵を形作る「顆粒(かりゅう)膜細胞」を酸化ストレスから守り、同細胞をより活性化させることで良質な卵形成に寄与している可能性があることが分かった。

 会見には宇都宮院長の他、医大の宇都宮洋才(ひろとし)准教授、河野良平助教、和歌山工業高等専門学校の奥野祥治准教授が出席。これまで梅の制菌作用などの言い伝えを検証してきた宇都宮准教授は、「梅は不妊治療にいい、という言い伝えができる日が来るかもしれない」と期待を込めた。

ソース:わかやま新報(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0829-2214-50/www.wakayamashimpo.co.jp/2014/08/20140829_41681.html

【送料無料】★2011・2012・2013★ 3年連続...

【送料無料】★2011・2012・2013★ 3年連続...
価格:2,000円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 22:19| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

自殺傾向共通の遺伝子変異を特定、米ホプキンス大学

自殺傾向共通の遺伝子変異を特定、米ホプキンス大学

米ホプキンス大学の研究チームが、自殺傾向を示す人々に共通の遺伝子変異を特定したと発表しました。


自殺傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 米研究
2014年08月01日 10:01 発信地:ワシントンD.C./米国

【8月1日 AFP】自殺を図る人々が共通して持つとみられる遺伝子変異を特定したとの研究論文が30日、米医学誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(American Journal of Psychiatry)」に掲載された。自殺リスクを予測する血液検査の開発につながる可能性のある成果だという。

この発見は、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが行った小規模な研究に基づいている。

論文の主執筆者で、ジョンズ・ホプキンス大医学部のザカリー・カミンスキー(Zachary Kaminsky)助教(精神医学・行動科学)は「自殺する危険性が高い人々を予測するための一貫性のある方法は今のところ存在しない」と語る。

 「今回のような検査を用いて、そうした人々を特定し、最悪の結末を阻止するのに間に合うよう早期に介入することにより、自殺率を抑制できるかもしれない

だがこのような検査を一般の人々が広く利用できるようになるのは何年も先のことだ。

現段階の成果として、脳がストレスホルモンにどのように反応するかに関連する「SKA2」と呼ばれる単一遺伝子の化学変化を発見したと、研究チームは述べている。

SKA2は「日常生活の緊張に対する特に目立たない反応で終わるかもしれないものを、自殺願望や自殺行動に変えることに重要な役割を担っている」と論文は説明している。

研究チームは、自殺した人々から採取した脳サンプルを調査して、この変異を発見した。また自殺した人々はSKA2のレベルが健康な人に比べて著しく低下していることもこの調査で分かった。

さらに研究チームは、ジョンズ・ホプキンス大での自殺予防研究で325人から採取した血液サンプルを検査し、SKA2に存在する変異により、自殺願望を経験している人や自殺を図ったことがある人を80%の精度で予測できることを明らかにした。

特定のグループでは、この検査の精度はさらに高かった。「さらに深刻な自殺リスクを抱える人々は、90%の精度で予測された」と論文は述べている。「最も若い人々のグループでは、参加者が自殺を図ったことがあるか否かを、血液検査の結果に基づき、96%の精度で特定できた

 SKA2遺伝子は、マイナス思考を抑制し、衝動的な行動を制御するために機能する。SKA2が十分に存在しなかったり変異していたりすると、脳は異常レベルのストレスホルモン、コルチゾールを放出する。

自殺を計画したり実行に移したりする人々では、異常なレベルのコルチゾール放出が起きていることが、これまでの研究で明らかになっていた。

カミンスキー助教によると、血液検査による自殺の予測が、調査対象の規模を拡大しても可能かどうかを確かめるには、さらなる研究を重ねる必要があるという。(c)AFP

ソース:AFP BB News(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0801-2304-20/www.afpbb.com/articles/-/3022033?pid=0



posted by ichitaka at 23:08| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

慢性ストレスと心臓発作の関連性を解明したかも、米研究

ストレスと心臓発作の関連性を解明か、米研究
2014年06月23日 14:24 発信地:パリ/フランス

【6月23日 AFP】慢性ストレスが心臓発作や脳卒中を引き起こす仕組みを解明したかもしれないとの研究論文が22日、発表された。ストレスが引き金となり、病気と闘う白血球が体に害を及ぼす恐れがあるほど過剰に生成されることにその糸口があるという。

過剰な細胞は動脈の内壁の上に凝集して、血液の流れを抑制し、血栓の形成を促す。血栓は血行を妨げたり、内壁からはがれて体の他の部位にまで流れていったりする。

論文の共同執筆者の1人、米ハーバード大学医学部(Harvard Medical School)のマティアス・ナフレンドルフ(Matthias Nahrendorf)氏は、白血球は「感染症との闘いや治癒には欠かせないが、体内に過剰に存在したり、不適切な場所にあったりすると害を及ぼす恐れがある」と指摘する。

慢性ストレスが循環器疾患の原因になることは、医師らの間では以前より知られていたが、そのメカニズムはこれまで解明されていなかった。

その関連性を明らかにするため、ナフレンドルフ氏と研究チームは、集中治療室(ICU)で働いている専門医学実習生29人を詳しく調べた。

彼らの職場環境は、ペースが速く、生死に関わる決断に対して重い責任を負わされることを考えると、慢性ストレスにさらされている状態のモデルとみなすことができる。

研究チームは、勤務時間中と非番時に採取した血液サンプルと、ストレスの認識に関するアンケートの結果を比較調査して、ストレスと免疫系との間の関連性を発見した。

特に研究チームは、ストレスが骨髄系幹細胞を活性化し、これによって白血球の過剰生成が誘発されることに気が付いた。

傷の治癒や感染症との闘いには不可欠の白血球は、自身の宿主の体に害を及ぼす場合があり、隆起(プラーク)の蓄積が原因で動脈壁が肥厚するアテローム性動脈硬化症のような病気の患者には破滅的な結果を招く恐れがある。

研究チームは次に、すし詰め状態にしたり、かごを傾けたりなどの方法で、マウスにとってのストレスに相当する状況にマウスを置く実験を行った。

この実験では、アテローム性動脈硬化症を発症しやすいマウスを選んで用いた。

その結果、ストレスが原因で生成された過剰な白血球が動脈の内側に蓄積して、プラークの成長を促すことが分かった。

ナフレンドルフ氏は「ここでは、それらの白血球は結合組織を軟化させる酵素を放出し、プラークの崩壊を引き起こす」と説明する。「これは心筋梗塞(心臓発作)や脳卒中の典型的な原因だ

白血球は全体像の一部にすぎず、高コレステロール、高血圧、喫煙、遺伝形質などの要因も、心臓発作や脳卒中のリスクに影響すると同氏は付け加えた。

同氏はAFPの取材に「これらはストレスに後押しされて瀬戸際を越えてしまうのかもしれない」と語った。(c)AFP

ソース:AFP BBNews(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0623-2232-07/www.afpbb.com/articles/-/3018444

posted by ichitaka at 22:34| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。