スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年01月30日

理化学研究所の万能細胞「STAP細胞」に海外から賞賛の声

理化学研究所の万能細胞「STAP細胞」に海外から賞賛の声

英科学誌ネイチャーに掲載された理化学研究所の小保方晴子さんの万能細胞「STAP細胞」に、海外から多くの賞賛の声が上がりました。


理研の万能細胞、海外から賛辞 「また日本人が成果」
2014/1/30 9:27

 「革命的だ」「また日本人科学者が成果」。30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された新たな万能細胞「STAP細胞」開発の成果は海外の主要なメディアが取り上げ、称賛する研究者の声を紹介した。

 STAP細胞は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが作製。英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのクリス・メイソン教授は「また日本人が万能細胞の作製法を書き換えた。山中伸弥氏は4つの遺伝子で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ったが、STAP細胞は一時的に酸性溶液に浸して培養するだけ。どれだけ簡単になるんだ」と驚きのコメントをネイチャーに寄せた。

 米ピッツバーグ大の研究者は米NBCテレビの取材に「成果は衝撃的で、強力な可能性を秘めている」と評価し、今後の応用に期待を寄せた。

 ロンドン大キングズ・カレッジの研究者はBBC放送などの英メディアに「本当に革命的。幹細胞生物学の新時代の幕開けだ。理研チームが年内に人のSTAP細胞を作っても驚かない」とたたえた。

 一方、米カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究者はAP通信に「人間でも同じことが起こると示されないうちは、どう応用できるか分からない。医学的に役立つかはまだ何とも言えない」とコメントし、慎重な見方を示した。〔共同〕

ソース:日本経済新聞(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0130-2133-24/www.nikkei.com/article/DGXNASDG3000P_Q4A130C1CR0000/

【送料無料】なにがスゴイか...

【送料無料】なにがスゴイか...
価格:1,659円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 21:41| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レモンの成分が脂肪肝に効果!?三重大学

レモンの成分が脂肪肝に効果!?三重大学

三重大学の研究グループが、レモンに多く含まれる「エリオシトリン」という物質が、脂肪肝に効果があると発表しました。


レモンが脂肪肝に効果 病気予防も、三重大研究
2014.1.29 18:58

 レモンに含まれる成分が脂肪肝になるのを抑える効果があるという研究結果を三重大などのグループがまとめ、29日発表した。脂肪肝は肝硬変や肝臓がんなどの一因で、グループは「レモンを継続的に摂取することで、こうした病気の予防に役立つ可能性がある」と話している。

 研究グループによると、イタリアやギリシャなど地中海沿岸の住民にはメタボリック症候群や循環器疾患が少なく、食生活におけるオリーブオイルや赤ワインの効用が指摘されてきた。

 研究グループは、地中海沿岸で多く消費されながら、あまり研究対象となっていなかったレモンに着目。人と遺伝子配列や肥満のメカニズムが似ている小型熱帯魚のゼブラフィッシュを使って実験した。

 ゼブラフィッシュを太らせた上で、レモンに多く含まれる「エリオシトリン」という物質を投与。すると、肝臓の脂肪が少なくなり血中の中性脂肪も約3分の2に減った。また、人から取り出した肝臓細胞にこの物質を添加すると、脂肪蓄積が抑えられた。

ソース:産経ニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0130-0719-42/sankei.jp.msn.com/life/news/140129/bdy14012918590001-n1.htm



posted by ichitaka at 07:23| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

ナルコレプシーを抑制する2つの神経回路を解明、金沢大学

ナルコレプシーを抑制する2つの神経回路を解明、金沢大学

金沢大学医薬保健研究域医学系の研究グループが、ナルコレプシーを抑制する2つの神経回路を解明しました。


睡眠発作抑える回路 金大グループがマウスで確認

 突然眠り込んでしまう睡眠障害「ナルコレプシー」を抑制する二つの神経回路を、金大 医薬保健研究域医学系の研究グループが、2日までに解明した。薬剤投与などでこの神経 回路の働きを活発にすると、症状が抑えられることをマウス実験で確認した。ナルコレプ シーだけでなく、不眠症などさまざまな睡眠障害の治療に役立つことが期待できる成果と いう。
 ナルコレプシーは突然深い眠りに落ちる発作の一種。特徴的な症状として、日中に非常 に強い眠気が起こる「睡眠発作」と、気持ちが高ぶった時に全身の力が抜ける「情動性脱 力発作」がある。睡眠と覚醒を切り替えるスイッチを制御する神経伝達物質「オレキシン 」がなくなると発症し、国内の患者は600人に1人とも言われる。

 研究グループはナルコレプシーの症状を示すマウスを使った実験で、神経細胞から放出 されたオレキシンを受け取る二つの神経回路を片方ずつ活性化させたところ、それぞれ「 睡眠発作」と「情動性脱力発作」の症状が大幅に減った。この結果から、ナルコレプシー の症状は両方の神経回路を活性化すると抑制できることを突き止めた。

 研究グループによると、この実験でオレキシンが睡眠と覚醒を制御する仕組みも解明で きたため、多様な睡眠障害の治療に応用できる。将来的には遺伝子を使った治療法開発も 期待できる。

 研究成果は2日、米科学誌の電子版に掲載された。研究グループには三枝理博准教授、 櫻井武教授、大学院医薬保健学総合研究科医学博士課程大学院生の長谷川恵美さんが参加 した。

ソース:北国新聞(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0105-0854-44/www.hokkoku.co.jp/subpage/H20140103105.htm

posted by ichitaka at 09:00| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。