スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2014年12月23日

ジェネリックは信頼不足で普及が進まない?!

ジェネリックは信頼不足で普及が進まない?!

日本医師会のアンケート調査によると、後発医薬品いわゆるジェネリックは、副作用の面で問題があると30%の医師が思っていることがわかりました。


後発医薬品は信頼不足が普及の妨げ
12月21日 9時24分

 医薬品の特許が切れたあとに販売される価格の安い「後発医薬品」について、日本医師会の調査で、品質や効果の面で問題があると答えた医師が半数を超え、厚生労働省は、医師の信頼を十分得られていないことが普及の妨げになっているとして、情報提供などに取り組むことにしています。

 日本医師会は、ことし10月から11月にかけて、全国の診療所の医師3410人を対象に調査を行い、45%に当たる1519人から回答を得ました。
 それによりますと、医薬品の特許が切れたあとに販売される価格の安い「後発医薬品」、いわゆるジェネリックについて、複数回答で尋ねたところ、副作用の面で問題があると答えたのは30%でした。
 その一方で、薬の破損や変色など、品質の面で問題があると答えた医師は54%、薬の効果の面で問題があると答えた医師は50%でした。
 「後発医薬品」の普及率は去年9月の段階で46.9%と欧米諸国より低くなっており、平成29年度末までに60%以上への引き上げを目指している厚生労働省は、「医師の信頼を十分得られていないことが普及の妨げになっている可能性がある」として、「後発医薬品」に関する情報提供などに取り組むことにしています。

ソース:NHK NEWS WEB(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-1223-1234-12/www3.nhk.or.jp/news/html/20141221/t10014156841000.html
posted by ichitaka at 12:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

デング熱は解熱鎮痛剤の一部で重症化の恐れ、厚労省が注意喚起

デング熱は解熱鎮痛剤の一部で重症化の恐れ、厚労省が注意喚起

デング熱に市販の解熱鎮痛剤を使用すると、重症化する場合があるとして、厚生労働省が注意喚起しました。


解熱鎮痛剤の一部で重症化 厚労省が注意呼び掛け
2014.9.16 20:06

 デング熱の治療で厚生労働省は16日、市販の解熱剤や鎮痛剤にも含まれるアスピリンやイブプロフェン、ロキソニンなどは、デング熱が重症化した場合に出血傾向を促進する恐れがあるため使用すべきでないと注意喚起した。診療指針を改訂し、医療機関などに周知した。

 デング熱では急な発熱や頭痛のほか、止血作用のある血液の血小板の減少がみられる。これらの薬剤には、血小板の働きを抑える作用があるという。

 デング熱には有効な抗ウイルス薬やワクチンはなく、水分補給やアセトアミノフェンなどの解熱剤による対症療法が基本とされる。

ソース;産経ニュース(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0916-2159-53/sankei.jp.msn.com/life/news/140916/bdy14091620060004-n1.htm



posted by ichitaka at 22:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

統合失調症治療薬「ゼプリオン」発売から4カ月半で死亡者17人

統合失調治療薬「ゼプリオン」発売から4カ月半で死亡者17人

ヤンセンファーマが昨年11月に販売開始した統合失調症治療薬「ゼプリオン」で、4カ月半で17人が死亡しました。


統合失調症治療薬、発売から4カ月半で17人死亡
2014/4/9 11:02

 製薬会社のヤンセンファーマ(東京・千代田)は9日までに、統合失調症治療薬「ゼプリオン」について、昨年11月の販売開始から4カ月半で、使用後に17人が死亡したと発表した。薬との因果関係は不明としているが、取り扱いに注意するよう医師に呼び掛けた。

 同薬は4週間に1回、患者の肩や尻の筋肉に注射して使う。使用患者は推定で約1万700人。17人の死因は心筋梗塞や肺塞栓のほか、吐いたものをつまらせて窒息したケースもあった。使用後40日程度経過してからの死亡が目立つが、3日後の死亡例もあった。

 同社は医師に対し、「投与後4カ月は体内に残る。前兆無く突然死したケースも報告されており、できるだけ家族らが経過観察できる患者に投与し、異常があれば直ちに受診するよう説明してほしい」とした。他の抗精神病薬と併用した場合の安全性が確立されていないとして、併用を避けることも求めている。

 同社によると、ゼプリオンは昨年6月時点で世界の70を超える国と地域で承認されている。

ソース:日本経済新聞(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2014-0409-2127-08/www.nikkei.com/article/DGXNASDG0901D_Z00C14A4CR0000/

 【1000円以上送料無料】統合失調症...

 【1000円以上送料無料】統合失調症...
価格:1,404円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 21:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。