スポンサードリンク
「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。 「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。

2011年06月30日

アレルギー薬「アレロック」で劇症肝炎、2名死亡

アレルギー薬「アレロック」で劇症肝炎、2名死亡

「アレロック」服用で劇症肝炎の恐れがあるとして厚生労働省は、添付文書改訂を指示しました。


アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡−厚労省

 花粉症などに用いられるアレルギー用薬「アレロック」(主成分・オロパタジン塩酸塩)の服用でまれに劇症肝炎が起きる恐れがあるとして、厚生労働省は30日までに、販売元の協和発酵キリンに対し、医師向けの添付文書を改訂するよう指示した。投与後、十分に観察するよう求めている。
 同薬を服用した90代と40代の男女2人が劇症肝炎で死亡し、服用との因果関係が否定できないと判断された。(2011/06/30-11:35)

ソース:時事ドットコム(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2011-0630-1505-47/www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011063000346

【purepure】ゲルマローラー美顔器/人気のゲル...

【purepure】ゲルマローラー美顔器/人気のゲル...
価格:12,800円(税込、送料込)



posted by ichitaka at 15:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

帝人ファーマ新薬、痛風・高尿酸血症治療薬フェブリク錠「第一選択薬の位置付けを目指す」

帝人ファーマ新薬、痛風・高尿酸血症治療薬フェブリク錠「第一選択薬の位置付けを目指す」

17日に発売される帝人ファーマのフェブリク錠は、「第一選択薬の位置付け」を目指すそうです。


痛風・高尿酸血症用薬フェブリク、来週発売- 大型期待、「第一選択薬目指す」と荒尾社長

 帝人ファーマの荒尾健太郎社長は5月13日に東京都内でメディアセミナーを開き、17日発売の痛風・高尿酸血症治療薬フェブリク錠について、「第一選択薬の位置付けを目指す」と述べた。尿酸生成を促す酵素(キサンチンオキシダーゼ)を阻害する尿酸生成抑制薬として、グラクソ・スミスクラインのザイロリック錠以来、国内で約40年ぶりの新薬で、既に2009年3月から米国とカナダ、10年3月から欧州で発売しており、14年までに世界約60か国での上市を目指すとしている。売上高目標は全世界で1000億円以上、うち国内は200億円。

 高尿酸血症は、新陳代謝によって生じる老廃物である尿酸の血清中の濃度(血中尿酸値)が7.0mg/dLを超えた状態。一般的に「痛風」として知られる痛風関節炎や痛風結節などの疾患や尿路結石の原因になる。国内患者数は1600万人、学会の治療ガイドラインによると、このうち520万人に薬物治療が推奨されるという。
 薬物治療では、これまで唯一の尿酸生成抑制薬だったザイロリックとその後発品のほか、尿酸排泄促進薬などが用いられてきたといい、昨年度の高尿酸血症関連薬の市場規模は約230億円。その構成比は、▽ザイロリック51.4%▽ザイロリック後発品16.7%、▽尿酸排泄促進薬や酸性尿改善薬など31.9%―だったとしている。

 フェブリクの特長について荒尾社長は、▽既存の痛風・高尿酸血症治療薬の適応症は「痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症」だが、フェブリクは高血圧症を合併しない患者にも使用できる▽1日1回の服用で、治療目標の血中尿酸値6.0mg/dL以下を長期維持する▽中等度までの腎機能低下でも用量調節せず、血中尿酸値を低下させる−ことなどを挙げた。
 また、血中尿酸値のメタボリックシンドロームや高血圧などとの関連性が報告されているとし、「今後、高尿酸血症がリスクファクターかどうかのエビデンスを集積し、積極的に尿酸値を下げることの意義を広めたい」と述べた。

 通常、成人には1日10mgより開始し、1日1回経口投与する。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。維持量は通常1日1回40mgで、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60 mg。
( 2011年05月13日 22:05 キャリアブレイン )

ソース:医療介護CB news(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2011-0514-0056-54/www.cabrain.net/news/article/newsId/34118.html




posted by ichitaka at 01:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

ピロリ菌胃炎に御岳百草丸が効果、マウス実験で確認

ピロリ菌胃炎に御岳百草丸が効果、マウス実験で確認

長野県製薬と京都薬科大学の共同研究で、「御岳百草丸」がピロリ菌の胃炎を軽減する効果があることをマウス実験で確認しました。
ヒトにも同様の効果が期待できそうです。


ピロリ菌胃炎に効果 百草丸をマウス実験
2011年4月21日

 長野県製薬(王滝村)は20日、同社の「御岳百草丸」が、ピロリ菌が引き起こす胃炎などの粘膜障害を軽減する効果があることをマウス実験で確認したと発表した。京都薬科大との共同研究で、日本薬学会の学会誌に発表した。

 ピロリ菌を口から飲ませたマウスに、一定量の御岳百草丸を1日2回、4週間連続で投与。胃の中のピロリ菌の数と胃の出血面積を比べたところ、投与しなかったマウスより、菌数も出血面積も減ったことが分かった。

 研究チームの京都薬科大病態薬科学系薬物治療学分野、竹内孝治教授は「人間にも同じ効果があると推察される。継続的に服用することで、ピロリ菌に感染しても胃炎を緩和できる可能性がある」と話している。

 ピロリ菌は大きさ3〜5マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリ)の細菌で、胃の表面を守っている粘膜を傷つけ、胃炎や胃がんの原因になるとされる。同社は2007年、星薬科大と共同で、試験管内で培養したピロリ菌に対し、御岳百草丸が除菌効果を持つことを確認している。マウスでの効果が分かったのは、今回が初めて。

 御岳百草丸は御岳山麓で採れる薬草が原料で、300年の歴史があるとされる。御岳信仰により、全国に広まった。 (市川泰之)

ソース:中日新聞(ウェブ魚拓)
http://megalodon.jp/2011-0421-1634-23/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20110421/CK2011042102000120.html




posted by ichitaka at 16:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。